Unityの公式チュートリアル【Play & Edit Mode】を日本語訳してみました!

  Unity  




はじめてUnityを触るなら公式のチュートリアルをやるのが一番だと思うのですが、日本語化されていないのが難点ですよね。

Unity Hubを使えばエディタは日本語化できますが、チュートリアル内容はすべて英語のままです。

そこで今回は、「Getting Started」というチュートリアルを日本語に翻訳してみました。

このチュートリアルは、ゲーム作りの前段階であるエディタの操作方法が学べるようです。

作業はUnity Hubで行っています。さっそく始めていきましょう!

チュートリアルのチャプター

Getting Startedにある4つのチャプターです。まずは、何かをつくるというよりは操作方法や用語を覚えることに重点が置かれているようです。

Getting Startedというチュートリアルには4つのチャプターがあるようです。

  • 01 : Play & Edit Mode
  • 02 : Game Objects & Components - Rigidbodies to the rescue
  • 03 : Tweaking Components - Values vs Zombies
  • 04 : Prefab power - Ramping up

今回は01:Play & Edit Modeをやっていきます。再生と編集モードですね。

Play & Edit Mode

まずは、チュートリアルの説明です。

ユニティエディタの中で最初のステップを踏みましょう。Unityの2つのメインモード(プロジェクトで作業するための編集モード、テストのためのプレイモード)の違いを学びます。
(Google翻訳)

データのダウンロード

チュートリアルを始める前にデータをダウンロードします。

Unity Hubを起動したら、「Learn」をクリックして、「Play&Edit Mode」のデータをダウンロードしましょう。

チュートリアルを始めるために、まずはプロジェクトデータをダウンロードしておきます。ダウンロードボタンを押してデータをダウンロードしましょう。


データのダウンロードが完了すると、ボタンの表記が「Start」に変わります。

Startボタンを押して「Learn」チュートリアルを開始しましょう。

Start」ボタンを押すとデータの読み込みが行われますが、少し時間がかかりますので気長に待ちましょう。

unityのエディターが起動したら、チュートリアル開始です!

チュートリアルの内容

起動したあとは画面が全体的に暗くなっており、操作するところだけ明るくなっています。

Startボタンを押してエディタが開いたところ。全体的に暗くなっており、操作するところだけ明るくなっている。

明るくなっている部分に従って操作していけばチュートリアルが進められます。


7ページありますので順番に読んでいきましょう。

1 / 7

ゲームを作る手順の説明です。

基本的なステップの説明です。ゲーム作りとは、ゲームに変更を加えて、その変更をテストすることです。これを何度も繰り返します。


2 / 7

チュートリアルウィンドウの説明です。

強調表示されたウィンドウがチュートリアルウィンドウです。ここに指示と情報が表示されています。ホームボタンをクリックすればいつでもチュートリアル選択に戻れます。再起動ボタンをクリックすれば現在のチュートリアルをいつでも再起動できます。


3 / 7

シーンビューの説明です。

ゲームを作るにはシーンビューを使用します。シーンビューにオブジェクトを置くことでゲームを構築していきます。

強調表示されているウィンドウがシーンビューです。ここでオブジェクトの操作などを行います。

ここではオブジェクトなどを動かすこともできますが、ゴールの位置を動かしたりすると、あとで詰みますのであまり触らないでおきましょう。

私のようにやらかした場合は、再起動ボタンでチュートリアルを再起動してください。


4 / 7

ゲームビューの説明です。

強調表示されたウィンドウはゲームビューと呼ばれます。ゲームビューには、ゲームがプレイされたときにプレーヤが見るものが表示されます。私たちはゲームビューでゲームをテストできます。

強調表示されているウィンドウがゲームビューです。ゲームのテストをするときはここを使用します。


5 / 7

実際にキャラクターを操作します。

Unity Editorの中央にあるコントロールで、再生ボタンを探します。再生モードにするには、再生ボタンをクリックします。

画面上部にあるコントロールの中に再生ボタンがあります。左が再生ボタン。真ん中が一時停止ボタン。右がステップ実行ボタンです。

再生ボタンをクリックすると、ゲームが開始されます。キャラクターを操作してゴールまで行きましょう。

キャラクターをゴールに移動する。ユーザーキーボードのW、A、S、D、または矢印キーを使用して、ゴールに移動します。目標は移動矢印でマークされています。このレベルを再起動するには、キーボードのEscキーを使用します。

キーボードを操作してキャラクターをゴールまで移動させます。


6 / 7

再生モードを終了します。

再生モードを終了します。再生モードを終了するには、再生ボタンをクリックします。

ゲームをクリアしたので再生ボタンをもう一度押してゲームを終了してください。


7 / 7

チュートリアルのまとめです。

このチュートリアルでは、次のことを学びました。ユニティエディタでゲームをテストする方法。編集モードと再生モードを切り替える方法。

これでチュートリアルは終わりです。お疲れ様でした!

チュートリアルまとめ

Play&Edit Mode」で学べることは以下のとおりです。

  • ゲームをテストする方法
  • 再生モードと編集モードを切り替える方法

あとがき

初回ということもあって、かなり簡単な内容でした。

キャラクターを操作するところもありましたが、もっと操作したかったですね。

最初はエディタの使い方や、用語を覚えることに重点が置かれていると思うので、焦らず進めていきましょう。

公式のチュートリアルを順次翻訳していく予定なので、よろしくおねがいします。

次のチュートリアルは、「Game Objects & Components」です。今から楽しみです!


関連ページ